鳥取県琴浦町にある
曹洞宗嶺松院について

西には大山、南には日本海。「山と海」に恵まれ、四季折々の自然を感じられる寺院。嶺松院は、自然豊かな鳥取県琴浦町にある曹洞宗の寺院です。

嶺松院は、鳥取県の東伯郡にある子宝スポットとして名高い寺院です。
南には日本海が広がり、西には霊峰大山を望み、四季折々の自然を感じることができます。

本堂には「おびんずる様」の仏像があります。おびんずる様の身体を触って、その手で自分の身体を触ると病気が治ったり痛いところがなくなるといわれています。

「おびんずる様」は子授け仏とも呼ばれ、子授けのご利益があるといわれ、県外からも訪れる人が沢山いらっしゃいます。「おびんずる様」と、はお釈迦様の16人のお弟子さんの一人である「びんずるそんじゃ様」のことで、日本では「なでぼどけ」という別称で広く信仰されている仏様です。

鳥取県琴浦町の曹洞宗 光圓山 嶺松院

嶺松院の歴史

嶺松院の歴史

・宗派
曹洞宗(曹洞宗は、釈迦さまの自覚された正法を仏祖から仏祖へと嫡嫡相承された仏法です。)

・本尊
聖観世音菩薩

光徳寺七世 釣雪祖厳大和尚の開山で、元亀三年(1572年)に示寂した。
その後、当寺十三世 戒本智光大和尚の住職中、光格天皇時代の文化七年(1810年)四月十三日に出火し、諸堂及び記録が焼失して、詳細は不明である。

お祀りしている仏さま

ご本尊

聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)をご本尊としてお祀りしています。

聖観世音菩薩の名を唱えると願いが成就するといわれます。
火難・水難などの7つの難から逃れることができ、その名を念じることにより、悩み・悲しみ・苦しみ・迷いなどから救われるといわれます。

もともとは、正法明如来(しょうほうみょうにょらい)という仏さまでありましたが、衆生の救済のため人間界に近い菩薩の身となったとされます。

聖観世音菩薩様

山陰ぽっくりさん

本堂正面のご本尊さまの右脇には、阿弥陀如来がまつられています。

日本全国各地で「ぽっくり信仰」がされていますが、お詣りすることで無病息災で病気やボケがなく天命を全うできるといわれます。

阿弥陀如来様

おびんずるさん

本堂入口を左に進んでいただきますと、開山堂(位牌堂)の入口に、賓頭盧尊者さまが鎮座しています。

「なでぼとけ」と言われ、身体の痛いところや治したいところを「なでぼとけ」を撫でることでと治すといわれてます。

また、「子授け」としても信仰さており、休日には県外からもお詣りに来られ、お礼詣りに訪れる方も多くいらっしゃいます。

※遠慮なくお線香をあげてください

なで仏・子授け
びんずる1

お不動さん

「祈るところ必ず霊験あり」と不動明王様のご真言をお唱え下さい。一心に努力し、成功を祈願されるならば、ご利益を授けてくださいます。

私たちの心の迷い・煩悩を取り除き、全ての人を救うためにこの様な険しいお顔をされています。

右手の利剣は「悟りの智慧」を象徴しており、心の迷いを断ち切るといわれ、左手の縄で煩悩を縛り封じて、正しい教えの道に導いてくれるといわれます。

不動明王

鬼子母神

鬼子母神様は、安産と子安の神様です。

伝説では、鬼子母神は、500人もの子供がいました。子を育てるため、人間の子供をさらって食べていました。人間達からは、憎まれ恐れられました。そこでお釈迦様は、鬼子母神を悟らせるため、鬼子母神の一番末の子供を隠してしまいました。必死になって探し、途方に暮れる鬼子母神はお釈迦様に助けを求めました。するとお釈迦様は「500人の子供の内、たった一人が居なくなっただけで、お前はこのように嘆き悲しみ私に助けを求めている。たった数人しかいない子供をお前にさらわれた人間の親の悲しみは、どれほどであっただろう。その気持ちがお前にも今はわかるであろう?」と話されました。

鬼子母神は、改心し『全ての子供達とお釈迦様の教えやその教えを信じる全ての人たちを守る』と誓い、以降、鬼子母神は『子供の守り神』になりました。

IMG_6302

子育て地蔵尊・水子地蔵尊

門脇には、子育て地蔵尊と水子地蔵尊がまつられています。

全ての子どもの幸せを祈っています。

子育て地蔵尊・水子地蔵尊

仏足石

境内中央には仏足石があります。

仏足石(ぶっそくせき)とは、お釈迦さまの足跡を石に刻み信仰の対象としているものです。

仏足石

お参りの仕方

STEP1

山門よりお入り下さい。

お参りのしかた
次へ

STEP2

手水舎(ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ)で、参拝者の方は、身を浄めて下さい。

お参りのしかた
次へ

STEP3

嶺松院では、本堂入口階段下で下足をぬいでください。

お参りのしかた
次へ

STEP4

本堂に入ったところで、先ずはご本尊様に手を合わせてください。

お参りのしかた
次へ

STEP5

次にご自分のお参りしたい仏様・ご位牌様の前においでください。

お参りのしかた
次へ

STEP6

心静かに手を合わせお参りください。

お参りのしかた
次へ

STEP7

ご自分の納得いくまで、時間をお過ごしください。

お参りのしかた
次へ

STEP8

おびんずる様は、手に触れてお参りいただけますので、
ご自由にお触りください。

お参りのしかた